玄霧藩国国内掲示板


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [過去ログ] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 64
タイトル 【一旦作成】Re: 神殿内で働く業種について(修正2)
投稿日 : 2017/11/26(Sun) 16:08:25
投稿者 小鳥遊@玄霧藩国
参照先
■申し送り事項:
「神職補佐(事務方)」と「記録係」の違いについて、勘違いしてる可能性あり。
■修正1:玄霧さんのチェックを受け、記録係に一部修正を実施
■修正2:築山さんのアドバイスを受け、記録係に一部追記。

*部品構造

-大部品: 神殿内で働く業種について RD:5 評価値:4
--部品: 神職補佐(事務方)
--部品: 神職や信者の生活を補佐する人
--部品: 記録係
--部品: 神殿で働く際の心得
--部品: 採用・就業形態



*部品定義

**部品: 神職補佐(事務方)
お守りや破魔矢などの管理や加持祈祷、お祓い、祝詞など各種儀式の受付、予定管理、初穂料の管理などを主に行う。

**部品: 神職や信者の生活を補佐する人
神職やその補佐、あるいは何らかの理由で神殿内で生活する人々のために、食事を作ったり生活領域の掃除を行う人。
参道などは一般に神職や神職補佐の方々が行うことが多いが、参拝者の人目に触れないような生活部については、こうした方々が支えている。

**部品: 記録係
記録係とは、一般に言う事務職に相当する。
信者の方々から寄進された文物を管理記録したり、お祭りの出来事や年度行事がいつ、どのように行われたか、または祀られている神様からのお言葉や行いを書き留め、信者の方々に伝えるなどの役割を果たす。
またその他、檀家、信徒、門徒などと呼ばれる方々の一覧を台帳管理する役目を追う。
そうした記録はもちろん神職、あるいは望まれる場合には、祀られている神様自身が確認されることもある。

**部品: 神殿で働く際の心得
神殿で働く際に何より意識を払う必要があるのは、祀っている神々への感謝と畏敬の心を忘れない、ということである。
神職でなくとも、神殿で働いていることに代わりはなく、そのふるまいは神様に見られているという意識を持ち、毎日の務めを果たさなければならない。
また、気づかぬうちに失礼を働いていた、といったことがないよう、研修の際には神様ごとのルールを神職や神職補佐より教わり、守らなければならない。

**部品: 採用・就業形態
採用・就業形態についえては、一般のそれと大きく異なる点は少ない。
そうした異なる点の一つは、神様への感謝や畏敬の念があるか、という点である。
面接での確認はもちろん、本採用の前には外部で、その神殿で祀られている神様にまつわるルールを教え、研修を行う。
その際に神様への感謝や畏敬の念がないと判じられた場合には、採用が見送られることがある。



*提出書式

大部品: 神殿内で働く業種について RD:5 評価値:4
-部品: 神職補佐(事務方)
-部品: 神職や信者の生活を補佐する人
-部品: 記録係
-部品: 神殿で働く際の心得
-部品: 採用・就業形態


部品: 神職補佐(事務方)
お守りや破魔矢などの管理や加持祈祷、お祓い、祝詞など各種儀式の受付、予定管理、初穂料の管理などを主に行う。

部品: 神職や信者の生活を補佐する人
神職やその補佐、あるいは何らかの理由で神殿内で生活する人々のために、食事を作ったり生活領域の掃除を行う人。
参道などは一般に神職や神職補佐の方々が行うことが多いが、参拝者の人目に触れないような生活部については、こうした方々が支えている。

部品: 記録係
記録係とは、一般に言う事務職に相当する。
信者の方々から寄進された文物を管理記録したり、お祭りの出来事や年度行事がいつ、どのように行われたか、または祀られている神様からのお言葉や行いを書き留め、信者の方々に伝えるなどの役割を果たす。
またその他、檀家、信徒、門徒などと呼ばれる方々の一覧を台帳管理する役目を追う。
そうした記録はもちろん神職、あるいは望まれる場合には、祀られている神様自身が確認されることもある。

部品: 神殿で働く際の心得
神殿で働く際に何より意識を払う必要があるのは、祀っている神々への感謝と畏敬の心を忘れない、ということである。
神職でなくとも、神殿で働いていることに代わりはなく、そのふるまいは神様に見られているという意識を持ち、毎日の務めを果たさなければならない。
また、気づかぬうちに失礼を働いていた、といったことがないよう、研修の際には神様ごとのルールを神職や神職補佐より教わり、守らなければならない。

部品: 採用・就業形態
採用・就業形態についえては、一般のそれと大きく異なる点は少ない。
そうした異なる点の一つは、神様への感謝や畏敬の念があるか、という点である。
面接での確認はもちろん、本採用の前には外部で、その神殿で祀られている神様にまつわるルールを教え、研修を行う。
その際に神様への感謝や畏敬の念がないと判じられた場合には、採用が見送られることがある。




*インポート用定義データ

[
{
"title": "神殿内で働く業種について",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "神職補佐(事務方)",
"description": "お守りや破魔矢などの管理や加持祈祷、お祓い、祝詞など各種儀式の受付、予定管理、初穂料の管理などを主に行う。",
"part_type": "part",
"localID": 1
},
{
"title": "神職や信者の生活を補佐する人",
"description": "神職やその補佐、あるいは何らかの理由で神殿内で生活する人々のために、食事を作ったり生活領域の掃除を行う人。\n参道などは一般に神職や神職補佐の方々が行うことが多いが、参拝者の人目に触れないような生活部については、こうした方々が支えている。",
"part_type": "part",
"localID": 2
},
{
"title": "記録係",
"description": "記録係とは、一般に言う事務職に相当する。\n信者の方々から寄進された文物を管理記録したり、お祭りの出来事や年度行事がいつ、どのように行われたか、または祀られている神様からのお言葉や行いを書き留め、信者の方々に伝えるなどの役割を果たす。\nまたその他、檀家、信徒、門徒などと呼ばれる方々の一覧を台帳管理する役目を追う。\nそうした記録はもちろん神職、あるいは望まれる場合には、祀られている神様自身が確認されることもある。",
"part_type": "part",
"localID": 3
},
{
"title": "神殿で働く際の心得",
"description": "神殿で働く際に何より意識を払う必要があるのは、祀っている神々への感謝と畏敬の心を忘れない、ということである。\n神職でなくとも、神殿で働いていることに代わりはなく、そのふるまいは神様に見られているという意識を持ち、毎日の務めを果たさなければならない。\nまた、気づかぬうちに失礼を働いていた、といったことがないよう、研修の際には神様ごとのルールを神職や神職補佐より教わり、守らなければならない。",
"part_type": "part",
"localID": 4
},
{
"title": "採用・就業形態",
"description": "採用・就業形態についえては、一般のそれと大きく異なる点は少ない。\nそうした異なる点の一つは、神様への感謝や畏敬の念があるか、という点である。\n面接での確認はもちろん、本採用の前には外部で、その神殿で祀られている神様にまつわるルールを教え、研修を行う。\nその際に神様への感謝や畏敬の念がないと判じられた場合には、採用が見送られることがある。",
"part_type": "part",
"localID": 5
}
],
"expanded": true,
"localID": 0,
"description": ""
}
]

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -